食欲と性欲の関係パート2

前回、人間の三大欲求「食欲」「睡眠欲」「性欲」の内の「食欲」と「性欲」の関係。

そして、男性の食事の食べ方とHの傾向やHの相性について語りましたが、今回は女性の食べ方と、Hの傾向と相性について紹介していきたいと思います。

まず・・・続きを読む
posted by イーチ大塚 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嗚呼!素晴らしき哉、人「性」

「食欲」と「性欲」の関係!?

人間の三大欲求と言えば「食欲」「睡眠欲」「性欲」の3つの事を指しますよね?



でも、この三大欲求の内、「性欲」だけは不当(?)に差別されています。



日陰の身というか、囲われ者というか、妾の子というか・・・とにかく表立って、その存在をアピールできないというか。

だって、普通に「食欲」が満たされていないと、



「腹減った〜!」



「睡眠欲」が、満たされていないと



「眠た〜い!」



って、どっちも普通に、平気で主張できるじゃないですか。







でも・・・「性欲」が、満たされていないからといって、






「あ〜Hしたい!」






といったら、変態扱いされます。


そんな不平等な三大欲求ですが、不思議にそれぞれの欲求がところどころリンクしている部分があって、面白いものです。




例えば、女性は満腹状態でHすると、ちょっとHに集中できない(「うっぷ」となって)ことが多いから、出来れば食後ちょっと時間を置いてからの方がよいとか・・・それとか、女性によっては、イタシた後でお食事というコースの方がいい方もいらっしゃるようですよ。



例えば、男性は睡眠不足の方が、体が反応(つまり起立!)し易くなるようです。

これは、睡眠不足で体調が不調になる→生命維持の危険と体が勝手に判断→早く子孫を遺さねばっ!となるそうです(ホンマかいな)(^^;)



あとは、食事の取り方で、その人のHの仕方がわかるとか・・・


例えば・・・

続きを読む
posted by イーチ大塚 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嗚呼!素晴らしき哉、人「性」

唇は何のためにあるの?

26.jpg


くちびる

クチビル

リップ

Lip



あなたは唇が何のためにあるのかご存知ですか?



人は誰でも唇を持っていますが、実は唇を持っている動物は人間だけなんですね〜。

試しに思いつくままに、動物の口元を思い出してみて下さい。

ね?

猫や犬、ライオンから鳥、魚は元より比較的人間に近い猿や類人猿でも唇を持っている種類は居ません。



なぜ、人間だけが唇を持っているのでしょうか?



あなたは、どうしてと思いますか?

rip1.jpg

唇は口の中の粘膜がめくれかえって外方に露出してできていますね。

口唇そのものの役割は、赤ちゃんが乳首を咥えて母乳をこぼさずに吸うためにうってつけの形だとか、音声言語を発するのに最適な形として唇が形成されたとか様々な説があるようですが、実際はどうなんでしょうか?

他の霊長類はめくれた唇を持っていなくても有効に哺乳していますからね。






あと、めくれた口唇の粘膜部分が赤いのは、これも人間だけらしいです。



この唇が赤いのは、立ち上がったことで目に付き難くなった女性の生殖器の代わりだという説もあります。



サルなどの場合はメスが発情すると生殖器周辺が赤く腫れて、後ろに回ればすぐに確認できますが、人間は直立したために、それ(発情、つまり成熟したメスで、交尾可能な状態かの確認)が難しいので代わりに唇を赤くして成熟度をアピールしていると言うことなんですね。

成人女性が、男性と較べて大きく肉付きの良い唇の色を気にして、口紅やリップで唇を赤く塗っているのは実はそういうわけだったんです。


r2.jpg


女性が口紅を使って、唇の形、色、肌理(キメ)が誇張するのは4000〜5000年前の昔から行われていたそうですよ。





さて、女性の唇が性的に成熟したことを異性にアピールするためにあるというのは分かりましたが、そうなると男性にも同じように唇が存在する理由は何なんでしょうか?

確かに生物学的に言えば、すべての男性は母親の胎内で成長する過程において久しく一度は女性を経験するから・・・とでもなるのでしょうが、それはそうとして・・・




それでも私は、キスで愛を交感するために私たちの唇は存在しているのだと思います。

rip6.jpg
posted by イーチ大塚 at 17:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 嗚呼!素晴らしき哉、人「性」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。