女性が失望する時

女性が男性に失望する時というのは、「夫(恋人)から愛されていない」と感じた時です。



前回、女性は

「愛されている」

「心がつながっている」

「絆を感じる」と安心する。

つまり、




「女性は、男性との『心の絆』を感じないと満足できない」のです。




しかし、男性は、女性にセックスを許してもらった時点で、


「自分は受容された」

「受け入れて貰った」と感じて満足してしまいます。





誰もが、互いに相手(異性)も自分と同じように感じていると思い込んでいます。

ここに悲劇が生まれます。






女性は、

「夫(恋人)だけは、本当の私を理解してくれる。認めてくれる」

「夫(恋人)から幸せを願ってもらっている」

「夫(恋人)は、私が楽しいか、人生を謳歌しているかが、重大な関心事だ」

と感じた時に愛を感じます。





女性が、男性の愛を充分に感じていれば、どんな問題やトラブルが発生しても、そのトラブルを解決し、乗り越えることで逆に「心の絆」が深まり、愛が深まり、幸福感を高めていけます。


女性が「愛があれば大丈夫」と言い切れるのはこのためです。





つまり、「女性は、男性との『心の絆』を感じたい」と常に思っています。

セックスもそうです。

セックスを通じて「心の絆」を感じたいのです。

セックスをしたいと思うのは、「心の絆」を感じたいからです。




ですから、もし女性が、夫(恋人)と一緒にいるのに寂しいと感じてしまうなら、それは彼との間の「心の絆」が感じられないからです。

これは、ただセックスすれば、「心の絆」を感じさせることが出来るというものではありません。



女性は、相手の男性が

「ただセックスがしたいだけなのか」

「愛されているのは自分自身ではなく、身体だけなのか」

ということを敏感に察知してしまいます。



その時に、女性は失望するのです。



しかし、女性はこの自分の心理をうまく表現できません。

だから夫(恋人)に

「じゃ、一体どうしたらいいの!?何をして欲しいの!?どうなったら満足なの!?」と詰め寄られても、



「愛が足りないの」

とか

「愛が感じないの」

とか

「もっと愛して欲しいだけなの」

くらいしか言えず、

「勝手にしろ!」となってしまいます。



あなたが、もし男性だったら、こういう時どうしますか?

どうしたらいいと思いますか?









まずは、

女性の価値基準=うれしい!楽しい!大好き!





うれしい!楽しい!大好き!」というDreams Come Trueの曲がありますが、この曲名ほど女性の価値基準を的確に表した曲名は他に無いのではないでしょうか?



そう。



女性の価値基準は、

「うれしい」

「楽しい」

「おいしい」

「気持ちいい」

ことが

「大好き」

なのです。



だから、こういう「大好き」な「うれしい」ことか「楽しい」ことか「おいしい」ことか「気持ちいい」ことでなくては女性の気持ちは動きません。

つまり、「悦び」につながることかどうかというのが、女性の価値基準ということです。





もちろんこれは女性のみではなく、男性も同じように「悦び」を求めて・・・というより、人間だけでなく動物はいずれも不快を避けて快を求めるのが、行動の大原則なのです。



ところが男女間で、お互いの「悦び」を感じる事柄の違いが相互理解できないために起こるコミュニケーション・トラブルというのは、かなり頻繁に起こってしまいます。



男性は、たくさんある悦びのネタの中でも「社会性」から大きな悦びを得るものですが、女性は「絆」、そして、その絆の中から特に恋愛や結婚に大きな悦びを得ようとする傾向が強いのです。



もちろん個人差はありますが、男女差で考えると大概がこういった傾向にあります。



詳しくは、今後このブログを更新する度に広く深く解説していくつもりですが、若い女性の場合は、特に「恋愛」が重要となります。



重要ということは、つまり恋愛から一番大きな悦びを得ているということになりますね。






女性にとって恋愛から得られる快感は男性よりも何倍も大きいと言われています。



肉体的な(セックスにおける)快感もそうなのですが、精神的な部分でも男性よりも何倍も何十倍も気持ちよさを感じていると言われています。





もちろん男性と女性では、その気持ちよさや悦びの質自体が男性とは違うので、一概に何倍も・・・とは言えないのですが・・・しかしながら、それだけ大きいからこそ女性の恋愛に対する気合の入れ方は半端ではありません。



女性が熱心に化粧をし、可愛い服や小物を揃えるのも、少しでも可愛くなることで「愛される」或いは「愛されないんじゃないかという不安感の解消」という利益を得られるからです。






さきほども触れたとおり、男性は「社会性」つまり、「社会とのつながり」に悦びを得るように出来ています。



具体的に言うと、男性は地位や肩書きを得たいと考えています。

これは極端に言うと、給料が下がってでも地位や肩書きが欲しいというくらいです。

男性というのは、何も経済的な不安回避のためだけに働いているわけではありません。

社会や会社の中での自分という存在の位置付けがしっかりできていないと、精神が不安になるのです。

だから何が何でも地位を欲しがります。

これは、何も見栄のために欲しているわけではないのです。

男性が定年後に精神的に不安定な状態になるのは、だからなんですね。





女性にはこういう不安がほとんど無い代わりに、恋愛に関しては凄まじいものがあります。

女性が「絆」を大事にするといいましたが、こと男性との「絆」つまり「恋愛」には、すべてを捨てて命をかけるほど女性にとっては大事なものなのです。

なにも、男性は恋愛に命をかけないと言っているわけではありません。

ただ、女性のように、すべて(社会とのつながりや社会的地位)を捨てて恋愛に走る!恋愛のみに生きる!ということが出来難いのです。



しかし、女性にとって「愛される」ことこそが最も大きな快感である事から、何事にも「愛されている」か「愛されていない」か、で物事を判断しがちな傾向があります。






よくTVや漫画で「あたしと仕事とどっちが大事なのよ!」というシーンがありますが、あれはもちろん女性も、「恋愛は恋愛」「仕事は仕事」まったく別次元の問題で秤にかけることではないというのは、充分理性では理解できているのですが、男性が「心の安定」を与えてくれないから、ああした言動を起こすのです。

その象徴としてああいったシーンは挿入されているのですね。





では、「心の安定」とは何かというと、人は男女の別なく大きな悦びを得ると安心します。

悦びを得ると心が安定するように出来ているのですね。

女性にとっては特にこの「安心」は大事です。



これまで観てきたように女性というのは「絆」つまり他者との「心のつながり」を実感できる事から大きな悦びを得ます。

多くの女性は自覚こそしていませんが、誰かとの「心のつながり」「心の絆」がないと精神が安定できません。

女性は、おしゃべりを通じてお互いに「心のつながり」を感じて、多大なる安心を得ているのです。

つまり、男性が社会の中で自分の存在の位置付けを得て安心を得るように、女性は身近な人、夫や恋人や友人との「絆」を実感する事で安心を得るのです。



特に男性(異性)から愛される事は女性に最大最強の安心と安定をもたらします。だから女性は愛される事、美しくなることに時間とお金と情熱のすべてを捧げます。



女性は本能的に、「美しい→愛される→悦びが得られる→安心する→心が安定する」という法則を知っています。

だから女の子は物心つく頃には、すでに愛されるためにファッションにこだわりだします。そして段々お化粧にも興味が出てきて・・・




美しくなるために時間とお金と情熱をいくら注いでも、女性はまったく惜しくありません。

これは男性が車に、いくら時間とお金と情熱を注いでも、少しも惜しくない心理に近いといえるでしょう。






女性にとって愛されないという事は、最大級の不快感であり恐怖です。

その恐怖が心や精神を不安定にします。



こんな不快感や恐怖を味わうくらいなら、莫大な時間やお金を投資することなど、なんともないのです。

時間やお金で「愛されている」という安心が買えるなら、これほどいい買い物は無いと女性は感じているのです。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。