男性にとって恋愛とセックスは別なの!?

前回の記事「男の浮気心、女の心変わり」の中で、女性はセックス(身体)だけを目的として近付く男性を警戒・感知するセンサーを持っているということ。

常に、そのセンサーによって、そう易々とボーダーラインを突破されまいと構えていること。

しかし、男性側も、そのセンサーを誤魔化してボーダーを突破し、できるだけ多くの畑に種を蒔き、できるだけ多くの遺伝子を遺そうとするため、感情のステルス化及び、感情の擬態を行うことについて触れました。



つまり、男性は好きな人としか、セックスはしません。



しかし、ここには大きなカラクリがあります。



「種族繁栄のために、できるだけ多くのメスと交尾をして出来るだけ多くの子孫を残そうとする本能」が組み込まれているのがオス。

つまり、あらゆる手段を使って、より多くの種をバラ蒔こうとします。



それに対し、
「種族繁栄のために、できるだけ優秀な種を、選別しようとする本能」が組み込まれているのがメス。

それは、強く逞しく環境に適応して、立派に次の子孫を遺せるように育つ子を産むためです。

そして、子種だけ植え付けて自分と子孫の生命の安全を守るために尽力しない・・・いわゆる甲斐性無しを間違えて選んでしまわないように、識別するためのセンサーを持っています。



男性が、セックスを得るためだけに、女性に優しくしても、センサーは敏感に察知し、本心を見抜いてしまいます。



しかし、どう見ても身体目当てで女性を口説いている男性が、見事ベッドインを果たすパターンは、かなりの確立で発生しています。



それはなぜでしょうか?


続きを読む

男の浮気心、女の心変わり

「男はなぜ浮気をするのか?」というのは、女性の話題としてよく挙がるテーマです。

また、「女の浮気は本気だ」とよく言われますが、言い換えると、なぜ心変わりをするのか?

これも、よく言われるテーマです。



この二つのテーマを精神的なアプローチで読み解こうとすると、男性と女性では浮気に対する捉え方の違いがある(後日触れますが、恋愛観も、セックス観も、男女の捉え方が全然違い、互いに自分の視点で相手のリアクションを受け取るのでトラブルが生じやすい傾向にあります)ので、返って難解なパズルとなってしまいますが、まずは遺伝子レベルの視点で紐解いてから精神的アプローチをすることによって、案外簡単に解けるパズルになります。



男女の遺伝子に組み込まれた本能は、生殖における役割の違いで大きく異なっています。

オスは精子という比較的簡単に量産化のきく生殖細胞を作ります。

これをより大量に、より広範囲にばらまくことで、少しでも自分の遺伝子を、より確実に子孫に伝えようとします。

これがオス=男の本能です。




ですから浮気=気持ちがフワフワ浮ついて・・・という訳ではなく、あまり恋愛感情は関係ありません。



とはいえ、女性の方も恋愛感情を持たず、セックスだけを目的として近付く男性を警戒・感知するセンサーを持っています。


そう易々とボーダーラインを突破されまいと構えています。

しかし、男性もさるもの、そのセンサーを誤魔化してボーダーを突破するため感情のステルス化及び、感情の擬態を行います。
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。