女性が失望する時

女性が男性に失望する時というのは、「夫(恋人)から愛されていない」と感じた時です。



前回、女性は

「愛されている」

「心がつながっている」

「絆を感じる」と安心する。

つまり、




「女性は、男性との『心の絆』を感じないと満足できない」のです。




しかし、男性は、女性にセックスを許してもらった時点で、


「自分は受容された」

「受け入れて貰った」と感じて満足してしまいます。





誰もが、互いに相手(異性)も自分と同じように感じていると思い込んでいます。

ここに悲劇が生まれます。






女性は、

「夫(恋人)だけは、本当の私を理解してくれる。認めてくれる」

「夫(恋人)から幸せを願ってもらっている」

「夫(恋人)は、私が楽しいか、人生を謳歌しているかが、重大な関心事だ」

と感じた時に愛を感じます。





女性が、男性の愛を充分に感じていれば、どんな問題やトラブルが発生しても、そのトラブルを解決し、乗り越えることで逆に「心の絆」が深まり、愛が深まり、幸福感を高めていけます。


女性が「愛があれば大丈夫」と言い切れるのはこのためです。





つまり、「女性は、男性との『心の絆』を感じたい」と常に思っています。

セックスもそうです。

セックスを通じて「心の絆」を感じたいのです。

セックスをしたいと思うのは、「心の絆」を感じたいからです。




ですから、もし女性が、夫(恋人)と一緒にいるのに寂しいと感じてしまうなら、それは彼との間の「心の絆」が感じられないからです。

これは、ただセックスすれば、「心の絆」を感じさせることが出来るというものではありません。



女性は、相手の男性が

「ただセックスがしたいだけなのか」

「愛されているのは自分自身ではなく、身体だけなのか」

ということを敏感に察知してしまいます。



その時に、女性は失望するのです。



しかし、女性はこの自分の心理をうまく表現できません。

だから夫(恋人)に

「じゃ、一体どうしたらいいの!?何をして欲しいの!?どうなったら満足なの!?」と詰め寄られても、



「愛が足りないの」

とか

「愛が感じないの」

とか

「もっと愛して欲しいだけなの」

くらいしか言えず、

「勝手にしろ!」となってしまいます。



あなたが、もし男性だったら、こういう時どうしますか?

どうしたらいいと思いますか?









まずは、

彼女に関心を持ってください。



私の大好きな佐野元春さんの歌に、「水の中のグラシオラス」という曲があります。

その中では、




君の涙が僕には見えていないかい?水の中のグラシオラスのように




というフレーズがあります。





彼女が、幸せを感じているのか?


苦しんでいないか?


悩みは無いか?




あなたに愛があれば、つまり、彼女の幸福を願う気持ちがあれば、必ず彼女に起こる異変に気がつく筈です。



もし、あなたが彼女の溜息に気がつかなかったら・・・彼女の苦しみに気がついていなかったら・・・彼女が言いかけてためらったことに気がつかないのであれば、それは彼女の幸福を心から願っていないからといわれても仕方がありませんよ。



次に重要なのは、彼女の抱える問題やトラブルの解決に、一緒に挑戦しようとする男性の姿勢です。



二人の幸せのために全力を尽くそうと果敢に挑戦してくれる勇者なのかどうかが、重要なのです。

その勇気と情熱が彼女の心を幸福で満たすのです。





実際に女性と男性の「心の絆」は、男性の情熱だけが形成させるといっても過言ではありません。




しかし、大切なのは、その問題やトラブルが解決できるかどうかではなく、どんな気持ちでそれに取り組むかということです。

女性にとっては、そのトラブルが解決するかどうかよりも、自分のために情熱を注いでくれるような熱い思いを抱いてくれるかどうかの方が大切なのです。

その思いを感じるだけでも充分満たされます。





お姫様にかけられた呪いを解くための、冒険に旅立ってくれる勇者なのかどうかが問題であって、夫(恋人)が、旅立ってくれた時点で、もう、その呪いは解けたも同然なのです♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。