慰めて欲しいのにっ!

モーツアルトのオペラ、「ドン・ジョバンニ」の中に、「恋人のカタログの歌」というのがあります。



内容は・・・

女ったらしの貴族ドン・ジョバンニが、昔棄てた女ドンナ・エルヴィーラに偶然遭遇します。

しかしジョヴァンニはその場を従者レポレッロに任せて立ち去ってしまいます。

残されたレポレッロはエルヴィーラに、

旦那に泣かされたのは貴女だけじゃないよ。イタリアでは640人、ドイツでは231人、しかし、ここスペインでは何と1003人だ

と有名な「恋人のカタログの歌」を歌ってジョバンニが関係した女を羅列して慰めたつもりになるのですが、エルヴィーラは、呆れて立ち去っていいくというものです。





こうやって物語の概要を第三者の視点で観ると、貴方が男性でも、レポレッロが、どれほどお門違いな慰め方をしているのかが、分かると思います。

しかし、男というものは、実際に、女性から相談事を持ちかけられると、レポレッロよろしく、お門違いな慰め方をしてしまい、逆に女性からがっかりされるのは、どうしてなのでしょう?



例えば・・・




「人見知りで、自分から話しかけられなくて、なかなか友達が出来ないの・・・」
には、
「案外、みんなそういうものだよ」。


「最近彼とマンネリで・・・」
に対し、
「どんなカップルでも、そんな時期があるもんだよ」。


「なんか最近、自分に自信なくなっちゃって・・・」
という相談に対し、
「誰だって本当は自信が無いけど、それでも頑張っているものだよ」。


「忙しすぎて、何だか今日は疲れちゃった・・・」
に、
「俺なんか、昨夜2時間しか寝ていないんだ」。



・・・という、
「皆」や「人それぞれ」などという一般論や、「オレだって、こうだった」式返しワザ・・・。



しかし、女性と言うのは、今まさに自分が直面しているこの問題に対するコメントと、その問題と対峙している女性自身に対する慰めや、励まし、共感を態度で示して欲しいのです。

ですから、これでは、会話が成り立つどころか、逆に「私の気持ちなんか、何にも分かってくれない」という事になります。

だって、女性からすると、「私は私であって、他の誰でもないし、他のケースや状況と私や、この問題は無関係・・・」ましてや、男性の一見励ましている風「俺だって」自慢なんて・・・相手の存在や気持ちを無視する言語道断な行為です。


223e5330.jpg


さて、男性→女性の慰め方を見てもらいましたが、逆に女性→男性と言う場合も、なかなかうまく慰められず、慰めるつもりが、逆に男性を怒らせてしまう場合が多いのですが、それは、なぜでしょうか?

続きを読む
posted by イーチ大塚 at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | もっと上手に愛し合いたい

女は弱い男を支配するよりも、強い男に支配されたがる

本日の記事タイトルは、あの悪名高い独裁者アドルフ・ヒトラーの言葉です。

この言葉は真理でもありますが、誤解を生みやすい言葉でもあります。



よく、「女性は、レイプされても感じる」だとか、「女性は、みんな(被)レイプ願望を持っている」とか・・・

これは、大きな勘違いです。




たとえば、ことをレイプに結びつけなくとも・・・

女性が、男性から「俺について来い」と言われたとします。

この時、女性側が、その男性に対し好意を持っていた場合は、

ヒトラーの言葉よろしく「あん!もぉ♪強引なんだからぁ♪」となります。



逆に、その男性に好意を持っていない、もしくは、男性のことを何とも思っていない場合は、

「ウザ」or「キモ」のひとことでしょう。




これが、なかなか、男性には理解できない女性心理なのです。

なぜならば、これが男性の場合に置き換えて考えてみると・・・

男性が、女性から「好き」と告白されたとします。

これ。

よほど嫌悪している女性でない限り、男性は「悪い気はしない」のです。

もちろん、イコール相手の気持ちを受け入れるということではありません。

しかし、明らかに女性と男性では、異性に対する認証設定は、根本から違います。

これは、もう数多くの種を畑に蒔こうという本能と、少しでも質の良い種を選別して強い遺伝子を遺そうとする本能の違いとしか、言いようがありません。

wallis_institute2.thumbnail.jpg


女性の場合、自分が好きな男性から以外は、すべて「キモイ」「ウザイ」。

男性の場合、特別に嫌悪している女性以外からなら、「満更でもない」極端な話「嬉しい」(もし、あなたがお水の方か、働いた経験がお有りなら、今ウン、ウン!って大きく頷いていることでしょう)。



ただ、これ、男性も女性も、異性の立場で考えず、自分たちだったら、こう感じるという前提で居るから、トラブルが発生します。



どういうことかというと・・・



wallis_institute4.thumbnail.jpg続きを読む
posted by イーチ大塚 at 16:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | もっと上手に愛し合いたい

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。